2011年05月29日

ボークス 1/6 旧1号ライダー 石膏流し込む

110529.jpg
「カチカチにしておきます。」



さー、パーツがテキトウに乾いたので
石膏流し込み作業にはいります。

ソフビーズ(現在会員2名)としては
当たり前のように石膏はいつでも手元に置いているはずです。

まえのゼクロスのときは水の分量をミスってしまい、
いつまでもドロンドロンで固まらず、
かき出して流しなおしたり、
部屋中石膏まみれにしたので要注意です。

今回は大丈夫。
しっかり目分量で測ったからな。
要は固まってくれれば、多少スカスカでもえーんですよ。
ただのヘタリ止めだから。

足首だけにまずは流し込みます。

そのあと、上半身を仮止めして
バランスを見ながら足首の位置を決定、接着してしまいます。
そのあとで、腰まで一気に流し込みます。

足首のつなぎ目は念のため
ビニールテープで目止めして流し込みました。
漏れの心配ナッシブ。

分量間違えなければ、だいたい30分くらいで硬化します。
完全硬化は多分1週間くらい。
勝手に乾くから気にしないですが。

この作業が終了すれば夏の暑い日にバテてグッタリ前のめり。
とか防げます。

なにぶん、中身は石膏の塊なので、重さもパワーも3倍増しです。
落としたり、殴ったりには注意が必要です。
展示のときも転倒時の周りへの被害が3倍増しなので気をつけろ!


ランキングバナー←ぽちっと応援していただけると喜びます。

posted by RYU at 07:02| Comment(0) | TrackBack(0) | モケイのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。